審査が甘いクレジットカードは存在するのか

審査が通りやすいクレジットカード

審査が甘いクレジットカードの存在、

結論から言うと、そういうカードも存在します。

審査が甘いクレジットカードは存在するのか

クレジットカードは、商品を購入したいと思った場合に現金をその場で用意せずとも購入できる点がメリットの一つです。また、利用していくことでポイントなどが貯まり貯まったポイントはいろいろとメリットがあるため、クレジットカードを一つでも作っておくと生活上便利です。

しかし、クレジットカードを作るという場合には、審査があります。

この審査を通らないとクレジットカードは作れません。

仕事収入、お住まい条件などによっては、審査が通らないという方もいるでしょう。

ですが、クレジットカードは種類が多く中には審査の甘いクレジットカードもあります。

収入などが低く審査になかなか通らないという方でも審査が甘い場合には、通る可能性があるためその手のカードの審査を受けるようにしましょう。

審査が甘いクレジットカードは、ネットなどで検索するといろいろと比較サイトや情報がまとまったサイトが見つかりますが、その手のサイトを参考にしても間違った情報も多いものです。

 

自分の生活上、クレジットカードを利用して買い物をしたい、定期的にある支払いなどにもカード払いにしたいなど人によってさまざまな利用法があるため、自分の生活を振り返り、買い物時や支払い系などでどの程度の支出があるのかチェックしてみることやカード払いにすることでポイントなどがどの程度貯まるのかなどいろいろとチェックしてみるといいでしょう。

クレジットカードでもさまざまな特徴があるためより便利、自分にとって利用価値のあるカードを見つけてみることも大切です。

生活上、金銭的な管理というのはとても重要です。カードを作りたいという前に一度収入と支出などのバランスがきちんと取れているか、家計などを見直してみるというのもいい機会です。

カードを利用することになれば、使いすぎてしまう可能性なども出てしまうため、その前にきちんと収入と支出に関しての管理をきちんと行っておき、問題がない状態でカードを作るようにしましょう。

クレジットカード審査の攻略法:主婦編

クレジットカード,審査,主婦

クレジットカード審査の攻略法:主婦編

本人に一定の収入がない専業主婦の場合、クレジットカードを作りたい時には審査に通過しやすいタイプを探さなければなりません。

実際に申し込んでみて通過できなかったというケースでは、ほとんどの人が本人に収入がないと通らないタイプのクレジットカードに申し込んでいるようです。

収入を条件に明記しているような場合には、スタートラインにつくことすらできていません。

専業主婦がクレジットカードを持ちたい場合には、カードの選定を慎重にすることがまず最初にやるべきことです。この部分で結果はずい分違ってきますので、収入要件をきちんと確認してみましょう。収入に関する事項に問題が無くても他の要素で落とされる可能性があるため、条件や申し込み方法についても学んでおく必要があります。

よくやってしまう失敗として、一度の複数の申し込みをしてしまうというものがあります。3社以上申し込むと多重申し込みと呼ばれる状態になり、属性や信用情報に問題が無くても通らなくなる可能性がありますので注意しましょう。

どれくらいの期間で3社以上の申し込みをすると不利になるのかを明確に示しているところは見当たりませんが、一般的には1カ月以内とされています。一度この状態に陥ってしまうと、半年間は情報が残ってしまい、通過できません。

 

専業主婦のクレジットカード審査専業主婦の人はキャッシング枠を大きく取りたいと考えることが多いのですが、これもNGです。収入が無い場合には、キャッシング枠を多めに設定すると審査に落ちる可能性が高くなります。

また、複数のクレジットカードを持っているようなケースでは、キャッシング枠の総額が年収の3分の1を超えてしまうと、総量規制に触れるために通過できなくなります。これを踏まえると、キャッシング枠は0円にして申し込むのが通過する方法です。

落とされる理由として意外と多いのが、申込書への記載ミスです。書類の正確性もチェックされるポイントになりますので、必要事項は抜かりなく記入しなければなりません。

クレジットカード審査の攻略法:学生編

クレジットカード,審査,学生

クレジットカード審査の攻略法:学生編

 

学生のクレジットカード審査

学生の人は、クレジットカードの審査に通りにくいと一般的には言われています。正社員で働いていて安定した収入がある社会人に比べると、学生は収入面で不利です。しかし、フリーターに比べたらむしろ有利になるという意見もありますね。学生の人がいきなりステータス性の高いクレジットカードを持つのは難しいので、まずは一般的なカードを作るのが良いです。インターネットで「学生向けのクレジットカード」などで検索をして出てくるカードがおすすめですよ。

学生の人は収入が無い・もしくは少ないにもかかわらず審査で有利と言われているのは、クレジットヒストリーが真っ白だからです。人によってはすでに消費者金融などで借りている人もいますが、多くの学生は消費者金融などで借りた記録を持っていません。もちろん、消費者金融からお金を借りることがいけないわけではないです。延滞をせずにしっかりと返済していたらそれほど不利にはなりません。大切なことは、クレジットカードにしてもキャッシングにしても延滞をせず期日を守って支払いをすることです。

 

学生の審査は通るはじめてクレジットカードを作る人は、意外とあっさり審査に通ることも多いです。それは、クレジットヒストリーが真っ白(借金をしたことも延滞をしたこともない)ことが理由となっていると思われます。逆に言えば、借金をしていたり延滞をしたことがあったりすると審査に通らない可能性が高くなります。他社からの借金は1件あるくらいならそれほど影響しないこともありますが、4件以上は多重債務者となるので基本的に審査に通らなくなります。借金は少ないほうがよく、学生の場合には収入が少ないのでできることならゼロにしておきましょう。限度額10万円のカードローンを1枚持っているくらいならそれほど影響しないと思われます。

まとめると、借金をできるだけしないこと、延滞をしないことがポイントとなります。後は学生向けのクレジットカードを選んでおけば高い確率で審査に通るでしょう。アルバイトで安定した収入を得ている人は社会人向けカードも選択肢に入ります。

 

クレジットカード審査の攻略法:バイト編

クレジットカード,審査,アルバイト

クレジットカード審査の攻略法:バイト編

 

アルバイトで生計を立てている人は、会社員や公務員に比べると不安定な働き方です。
一般的には収入も低く雇用も不安定なので、クレジットカードの審査でも不利になると考えるかもしれません。
しかしクレジットカードは、カードローンやキャッシングとは異なりお買い物をするために利用するカードです。
クレジットカードの審査では、アルバイトだからといって極端に不利になることはありません。
一定の収入があれば審査に通る確率は高く、ちょっとしたポイントに気を付ければ可能性はさらに高まるでしょう。
確実にクレジットカードを作成するためにも、ポイントを押さえながら申し込みしましょう。
アルバイトで申し込みをするときには、キャッシング枠はゼロにするのがおすすめです。
キャッシング枠が付いていると、急にお金が必要になったときには便利です。
しかしキャッシング枠はカードローンと同じ扱いになるために、申込時に希望額を設定すると審査のハードルが上がります。

逆に希望額をゼロにしておけば、利便性は下がりますが審査には通りやすくなります。
アルバイトでも確実にクレジットカードを作りたいなら、キャッシング枠は付けないのが絶対条件です。

審査に対して不安があると、同時期に複数のクレジットカードに申し込みをするかもしれません。

しかし多重申し込みも信用情報に記載されるため、信販会社に対して良いイメージを与えることができません。

 

申し込みをするときには、アルバイトでも通りやすいクレジットカードをいくつか厳選して一件一件申し込みましょう。

短期間にいくつもの申し込みをしなければ、マイナスになることはありません。
信用情報で気を付けておきたいのは、過去の金融事故です。
クレジットカードの支払いを過去に延滞していたり、債務整理でブラックリストに載った経験があると審査は通りません。
普段から期日までにきっちりと返済し信用度を上げておくと、アルバイトでも作りやすくなります。

 

クレジットカード審査の攻略法:無職編

クレジットカード,審査,無職

クレジットカード審査の攻略法:無職編

 

一言で「無職」と言っても、主婦や学生からフリーター、退職した人など働いていない理由はさまざまで多種多様な存在です。そのため、「無職」だからと言って必ずしもクレジットカードが作れないというわけではありません。

そもそも同じ無職であっても「扶養」されている立場の人の場合、預金などの資産を確保している人はクレジットカードの審査に通る可能性は非常に高いと言えます。

これは、クレジットカードは収入があることを前提とした人に対して提供されているサービスなため、配偶者や親などの世帯の生計を維持している人の収入が安定しているのであれば審査をクリアできることが多いのは当然のことと言えるでしょう。

そのため、専業主婦あるいは主夫の方や学生の人の場合職業欄には「無職」と書かずに「家事専業」あるいは「学生」と書くことをおすすめします。

また、学生でなくニートをやっている人であっても同居している親などに安定した収入があるのであれば、その親の職場や年収を書類に記載することで審査に通る可能性が大いに上がるのでおすすめです。

 

無職でも審査に通るクレジットカードさらに、預金などの資産が豊富にあるという場合についても申し込み時点で定職に就いていなくても審査に通る可能性は高いと言えます。しかし、あくまでクレジットカードの審査にあたっては安定した収入以上に重視される審査基準はありません。

もちろんその基準の詳細は各会社によって異なりますが、基本的に保有している資産より定期的に入ってくる収入が重要視されるということを念頭に置いておくのが無難です。また、クレジットカード会社が申込者の銀行口座情報を調べることは基本的にできません。

ただし、例外として銀行口座と一体となっているクレジットカードを選んだ場合にはその預金残高が一定基準を満たしている場合審査が有利になる場合もあると言われています。なお、この際にうそを記載することは何のメリットにもならないので絶対にやめましょう。

 

 

審査に落ちた人必見クレジットカード申し込み術
タイトルとURLをコピーしました