クレジットカードの審査基準 雇用形態と年収の申告ちゃんとしてる?

クレジットカード,審査

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準は、カードローンとほぼ同じと言われています。すなわち、年収・勤務形態・勤続年数などが重要になります。その他にも年齢・居住形態・個人信用情報なども重要です。順番に解説していきます。

一番重要になるのが年収です。なぜなら、働いて得た給料からクレジットカードの月々の支払いをしていくからです。年金受給者や専業主婦がクレジットカードの審査に通るかはケースバイケースです。会社によりますが、年金は収入とみなされる傾向があるので、年金受給者ならクレジットカードを作れる可能性が高いと思われます。無収入の専業主婦は審査に通ることが難しいので、家族カードを利用することがおすすめです。

具体的にどのくらいの年収があればよいのかは、作りたいクレジットカードの難易度にもよります。プラチナカードは年収500万円以上ないと難しいと言われていますね。一昔前まではプラチナは年収1,000万円以上と言われていたので、現在は基準が下がっていると言えます。一般的なクレジットカードなら年収200万円以下でも作れる可能性があります。年収200万円以下の人はキャッシング枠をゼロにして申し込みをすると審査通過の可能性が上がります。

勤務形態は正社員が最も有利、その次に派遣・契約社員です。アルバイトやパートの人は不利ですが、通常のクレジットカードなら審査に通ったという体験談もたくさんありますよ。審査に通る可能性を上げるための方法は、キャッシング枠の希望欄をゼロにして申し込みをすることです。キャッシング枠は借金ですが、ショッピング枠は一般的には借金ではないと考えられているので、ショッピング枠だけにしておけば難易度が下がります。

新入社員の3人に1人は3年以内に辞めてしまうというデータがあるので、勤続年数が短いと不利になります。正社員からフリーターになったら返済能力に不安ができるからです。年齢・居住形態・個人信用情報の中で特に重要なのは個人信用情報でしょう。過去に延滞がある人は審査落ちの理由になります。1回や2回の延滞があるだけならそれほど影響しないこともあります。

 

 

雇用形態によって異なるクレジットカードの審査

クレジットカード,雇用形態,審査

雇用形態によって異なるクレジットカードの審査 クレジットカードの審査に関して、実は雇用形態はそれほど重要な意味を持っていません。もちろん、安定して収入を得られるような職業、例えば公務員などに関してはクレジットカードを作りやすいという性質は存在します。ただ、これは安定して収益を継続的に得ることが可能な職業であるというだけであるため、他の職業でもそういった長期的に収入を得られるような職業であれば、アルバイトであってもクレジットカードを作ることはできます。実際に、クレジットカードを発行している金融機関も雇用形態に関する審査基準というのは、総合的に判断するものであってそれ単体で審査の良し悪しを決めるわけではないと判断しています。つまり、雇用形態だけで審査に落とされてしまうなどといったことはほとんどないわけです。大切なのは、安定して収入を得られる雇用形態にあるのかどうかという1点であるため、アルバイトであっても派遣社員であっても収入を得られるのならば問題ないということを知っておくことが大切です。ただ、個人か法人かで作ることができるカードは異なる傾向がありますので、この違いに関しては理解しておくことです。元々、形態別としては金融機関は個人用のカードロードと法人用のカードローンのサービスをわけて提供していますので、大きな金額を借りたいと考えているときには法人のサービスを利用した方が賢明だといえます。また、そもそもクレジットカードの審査で最も大切になるのは申請に行ってきた人物が本当に信用できる人物であるのかどうかという点です。クレジットカードの主な機能は、現金を持たずにショッピングなどを行うことができるように枠を作って消費者に対して提供することです。そのため、後払いできちんとお金を支払ってくれる人物であるのかどうかということが非常に重要になります。これらは、信用情報などを利用して確認することになりますので、雇用形態と共に総合的に考えるものだと理解しておくことです。

 

 

クレジットカードの審査に通るために必要な最低年収

クレジットカード,年収

クレジットカードの審査に通るために必要な最低年収

クレジットカードを作ろうとする場合、誰もが受ける必要がある審査では、最低年収という評価のポイントが存在します。
審査に関する詳細な基準は公表されていないものの、様々なクレジットカード審査の事例から、審査を通るのに欠かせない条件が見えてきます。
例えば、近年は正社員以外のアルバイトやパートでもクレジットカードが作れるので、非正規雇用の平均年収で審査に通ることができるのは間違いないでしょう。
地域にもよりますが、いわゆるフリーターの平均年収は150万円前後とされているので、これより低い金額が最低年収に当てはまると考えられます。
150万円以下でもクレジットカードを作ることができるか、この疑問に関しては恐らく可能というのが答えです。
理由は、クレジットカードが影響を受ける割賦販売法で、支払い可能見込額の9割が利用枠に認められていることです。
この計算式に当てはめてみると、年収が150万円であれば30万円まで借りられることになります。
利用枠を5万円にまで引き下げれば、年収120万円台でも借りることができる計算になるので、最低ラインはこのあたりになりそうです。
利便性や現実的なクレジットカードの利用を想定すると、少なくとも10万円の利用枠は欲しいところですから、この計算でいけば必要な最低年収は130万円です。
つまり、クレジットカードには130万円の最低年収が必要で、これ以上なら借りられる可能性があると判断できます。
実際に、5万円や10万円を限度とした利用枠の商品は存在しますから、こういった商品を選んで申し込んでみるのが良いでしょう。
確実なクレジットカードの利用を望むなら、収入に余裕を持たせるのが現実的で、やはり150万円以上だとより安心です。
しかし、平均以下でも審査に通れる可能性は十分ですから、審査に挑戦する価値はあるといえます。
仮に年120万円の稼ぎだと、1ヶ月あたり10万円を切ることになるので、120万円未満では厳しいと結論づけられます。

 

 

クレジットカードの審査で大切なこと

ショッピングを快適に楽しむために愛用している人が多いのが「クレジットカード」です。
現金を持つ必要もないうえに、決済もスムーズで支払うごとにポイントもたまるのでメリットの多いといえるでしょう。
クレジットカードを作るためには「審査」を通過する必要があります。
クレジットカードの審査は誰でも通るわけではなく、各会社の規定に定められた条件を満たした人のみが通過できるものとなっています。
一部の人の間では「なかなか審査を通ることができない」と嘆いている人もいるのが現状です。
それでは、いったいどのような人がクレジットカードの審査を通過することができるのでしょう。
一番大切なポイントは「信用」で、クレジットカードを使用するということは、直接的には現金を借りるという行為はないものの、商品を購入する際に「立て替えしてもらう」こととなるので、結果的に間接的にお金を借りることとなります。
その際に、使用者に対して「信用ができるかどうか」ということは最も重要な事柄となりうるのです。
そのため、審査を確実に通過するためには、普段から、各種公共料金や通信料などの支払いを滞らせない事が大事です。
また、延滞なども避けたほうがよいでしょう。
一度、失った信頼はなかなか元に戻すことが難しいのが現状ですので、日頃のお金に対する考え方をきちんとしておく必要があります。
さらには、定期的な収入の確保も信頼を得るために大切になります。
アルバイトやパートなどであっても、毎月、必ず決まった収入があることを証明できるようにしましょう。
あなた自身が誰かにお金を貸すことになった際に「貸したくないな」と思われるような人にならないことです。
法に触れるようなことをせず、人としてまっとうに生きていれば、クレジットカードの作成のための審査は容易に通過することができます。
万が一、審査が通過しないときには、自分自身の普段の生活を見直すきっかけともなるかもしれません。

審査に落ちた人必見クレジットカード申し込み術
タイトルとURLをコピーしました